{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

剪紙 額縁付 京劇瞼譜 AL003

残り1点

¥13,200 税込

送料についてはこちら

剪紙(せんし、jiǎnzhǐ ジエン・ジー)は、 中国の伝統的な民間芸術の切り絵細工である。 黄河流域を代表例として、中国各地で作られており、地方により作風や題材、作り方、使われ方が異なるが、 一般的には、花や動物、日常風景や生活習慣、物語などの図案を紙にハサミで切ったものが剪紙と呼ばれる。 窓や天井、門、梁などの居住空間や、提灯、器などの生活用具に貼り、 日常の装飾品としてや、春節(旧正月)に窓の障子紙やガラスに貼る「窓花(そうか)」、 婚礼の品々を飾る「喜花」、元宵節(旧暦の1月15日)の時に提灯に貼る「灯花」、 まんじゅう・卵などの贈り物に貼る「礼花」として使われる。 かつては、刺繍の図案としても使われていた。 剪紙の図案の中には、様々な寓意が込められており、 中国の伝統的な考え方や民族、文化を垣間見ることができ、中国の人々の生活に深く根付いている。 かつては、女性とりわけ農村の女性にとって花嫁修業の一つだったとの伝承もある。 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』) 京劇瞼譜の1つです。 隈取とは歌舞伎独特の化粧法のことですが、 中国の京劇にも「脸谱、瞼譜、れんぷ」という独特の化粧法があります。 これを日本語では通常「隈取」と訳します。 ただ似たようなメイクでありながら、日本の隈取は顔全体ではなく、顔の筋肉を誇張したような部分的なメイクですが、京劇瞼譜は顔全体を塗りつぶします。 額縁寸法: 270*330 mm 白 作品本体寸法: 130*190 mm 紺 寸法の測定値は若干異なる場合があります。 中国杭州制、手作りの作品 作家:林燕美さん (額縁と額装:世界堂さん)